カジノとギャンブル関連の最新ニュース

ワールドカジノニュースでは、世界中の最新ニュースを取り上げており、カジノに関する世界中の全ての話題の75%以上を報道しています。記事は一つの話題をさまざまな側面から捉え、多角的な内容となっています。このブログは、皆様のお気に入りのカジノに関する話題や、カジノ業界の新たなプランなどをいち早く見つけるのに最適なサイトです。 

当プラットフォームでは、拡張プロジェクト、新規ホテルの発表、閉鎖されたカジノなどのニュースもカバーいたします。また、クルーズ船についてのニュースもお届けしています。世界中のカジノやゲーミング関連の最新ニュースをどこよりも早く入手することができる当サイトで、最新情報を定期的に確認していただくことができます。

横浜が発表したカジノ開設に関するガイドライン

日本の大都市の一つである横浜市は、統合型カジノリゾートという日本の3大都市に与えられる予定のライセンスに対する大胆なイニシアチブの実行計画を発表しました。アジアン・ゲーミングの調査によると、人口約370万人の本州の大都市横浜は、同市の山下公園近くにある116エーカーの敷地に、カジノ・ホテル・展示会場・小売店舗を含むラスベガスさながらの施設を誘致する見込みだそうです。

横浜市は2019年12月に行われた提案依頼書(RFP)によるライセンス認可プロセスにおいて、7社から現実的なRFPを受け取り、ギャラクシー・エンターテインメント・グループ、ゲンティング・シンガポール、セガ・サミー・ホールディングス、ウィン・リゾーツ、ラスベガス・サンズが、その中から選考された5社であると報告されています。しかし、当初の申請プロセスは予期せぬコロナウィルスによるパンデミックの状況により、政府によって昨年の10月に仕切り直しを強いられました。

横浜は日本第二の大都市で、最新の導入戦略に含まれる明確なガイドラインに沿って、RFPの条件を更新後の期限である5月17日までにテストする計画となっています。これにより、横浜市は日本の3都市に与えられる予定の40年ライセンスを無事に取得し、提案する統合型カジノリゾートを2025年の年末までに建設することを目標としています。横浜は現在、一連の公聴会が実施される前に、全体のイニシアチブが2022年3月上旬に正式認可されて、ゲーミングが受け入れられやすくなるようなプランに改善するために、運営上の優先パートナーとして市議会に投票できることを願っています。

横浜市の戦略を実現するためには、彼らが提案する統合型カジノリゾートに必要とされる魅力的な環境作りや、工夫が満載で将来的な繁栄が見込めるようなコミュニティを開発するという方針を遂行できる経営陣が求められています。また、このリゾートのオープニングにあたって、「地域を再建」し「経済・社会的な影響」を最適化するのに必要となる公衆衛生、経済再建、災害防止、インフラの拡大、そして観光業の活性化といった措置を確実に導入する力のある提携先が求められていると報道されています。 

インサイド・アジアン・ゲーミングによると、横浜市は急遽RFPに関する独自の方向性を示したそうです。有望な候補企業となるには、将来の統合型カジノリゾートに、「大人の社交の場としてのクリーンで高級なイメージ」をもたらし、「上品な雰囲気を生み出すドレスコード」を規定しなければならない、としています。また「世界中から日本の観光地を訪れる観光客にとっての玄関口となり、同時に日本観光の魅力を世界の人々に知ってもらう起点となることを目指すものであり、またこのイニシアチブが日本経済の再開発政策に寄与し、海外からの観光客がさらに6千万人、金額にして14.5兆ドル増えることによって、2030年には日本に実質的な成長をもたらすべきである」という条件もつけられています。