• シゴトバBASE北堀江&シゴトバLAB

    「場」と「時間」をシェアする、新スタイルのクリエイティブ拠点

    仕事の基地や拠点になる場に。そんな思いが名前に込められた「シゴトバBASE北堀江」は、地下鉄鶴見緑地線「西大橋駅」から徒歩1分、四つ橋線「四ツ橋駅」から徒歩5分というアクセス至便な場所にある。ここは、さまざまなビジネスに勤しむ人の期待に応えるシェアオフィス&コワーキングスペース。人が育つ環境と機会を用...

    続きを読む »
  • FLAG studio(フラッグスタジオ)

    暮らしに新たな視点をもたらす、マンション内スタジオの可能性。

    一般的に、アートの拠点といえば趣きのあるレトロビルや近代建築をセンスよくリノベーション……といった事例をよく見聞きするが、今年6月、大阪・西区に生まれた「FLAG studio」は、ごく普通の新築タワーマンション1階の共有スペースにある。日常の延長線上にあるようなこの場所で、音楽やダンスのワークショップ、クリエ...

    続きを読む »
  • 九条長屋スタジオ・フレーム

    下町の長屋にひそむ、ゆるくつながる「製活」の場。

    昭和な風情の長屋が連なる界隈の一角。引き戸を開けると広い土間があり、左には革漉き機や革用ミシン、手づくりの靴を支える職人の道具が整然と並ぶ。奥には染色の工房。織機を使ってストールをつくったり、作業場で生地を染めていたり。こちらは多様なものづくりのバックグラウンドをもつメンバーが場を共有し、刺激を...

    続きを読む »
  • SOS 新大阪スタジオ

    クリエイター達の遊び心から生まれた“どこにもない”空間

    アートディレクターでありながらバンドをプロデュースしたり、フォトグラファーが本を書いたり、今や「職業」や「肩書き」はその人を表すほんの一部にしか過ぎない。とくにモノづくりを軸に活動するクリエイターにおいて、その傾向は顕著だろう。 「新大阪スタジオ(SOS)」の代表、山本航さんもそんなひとり。商業施設...

    続きを読む »
  • foodscape

    foodscape!(フードスケープ)

    素材を生かしたパンを通して、生産者と生活者をつなげたい

    自らを“料理開拓人”という肩書きで表現し、全国各地の信念を持った生産者を訪ねることをライフワークとする堀田裕介さんが、昨年6月、大阪・福島に新たな拠点となる「foodscape!」をオープンした。すでに1階のベーカリー&カフェは街の顔として人々に愛され、2階のアトリエスペースは新たな食の発信基地として注目を集め...

    続きを読む »
  • ASITA_ROOM

    一歩先の未来を照らす、アシタノシカクのオルタナティブスペース。

    黒いタイルの床に大理石の暖炉。光る繭のように白く浮かび上がるマルセル・ワンダースのペンダントライト。謎めいたオブジェがそこかしこに置かれ、訪れる人を非日常の世界に誘い込むASITA_ROOMは、クリエイティブスタジオ「アシタノシカク」が2015年4月に立ち上げたオルタナティブスペース。ギャラリーという概念には収...

    続きを読む »
  • 店舗入り口

    gallery & shop itoknit(いとにっと)

    丁寧な手しごとから生み出される作品をストーリーとともに届けたい

    ビジネス街でありながらも、どこかゆるやかな時間の流れを感じる大阪造幣局界隈。やさしくともるあかりに誘われてドアを開けると、ふんわりと身を包む毛糸のにおい。絵本から飛び出したようなレトロな紡毛機が、風合いのある雑貨や小物たちとともに迎えてくれる。 「itoknit」は2015年2月にオープンしたギャラリー&シ...

    続きを読む »
  • 作業風景

    DIYⓇSCHOOL

    住むほどに味わいの出る住まいを、自らの手でリノベーション

    自分の住まいを、自分らしく、自分の手でつくりたい。そんな人が増えているという。2014年10月から2015年3月にかけて、堺市泉北ニュータウン内の公社茶山台団地5住戸をリノベーションしたDIY®SCHOOL。大阪市西区に拠点を持つデザイン会社9(ナイン)株式会社と、大阪市浪速区に店舗を持つDIY FACTORY OSAKA、そして大阪...

    続きを読む »
  • the Farm universal

    全ての人が楽しめる植物の楽園

    今、グリーンがアツい。ここ数年、観葉植物やインテリアの専門誌に限らず、様々なメディアが特集を組んだり、グリーンを取り入れたライフスタイルの提案や、希少な植物を専門とするなど独自のコンセプトを掲げる植物店が次々に登場している。そんな中、注目を集めているのが2015年4月にオープンした関西最大級のガーデ...

    続きを読む »
  • マニアック長屋

    マニアック長屋

    「がもよん」ならではのにぎわいを

    幅2mにも満たない路地に面して木造の長屋が連なる、戦前からの町並み。かつて大阪市内であれば、どこにでも見られた昔ながらの下町の風景だ。城東区の蒲生四丁目は、福島、中崎町、空堀町などとともに注目される、古い長屋が密集するエリア。一帯は戦災を逃れたため、路地には大正や昭和初期の古い長屋をはじめとする街...

    続きを読む »
  • SAA

    旅する喜び・好奇心をシェアする、1年限定の実験的空間。

    見知らぬ国に降り立つ時。耳なれない言葉の響きや、鼻腔をくすぐる異国の香りに胸が高鳴るあの気分。慌ただしい毎日からふとエスケープして旅に出たくなる誘惑を、きっとあなたも感じたことがあるだろう。 2015 年7月にオープンした「SAA」は、日常にいながらにして、そんな異国を旅する気分を味わえる1年間限定のスペ...

    続きを読む »
  • 「188」入口

    188クリエイティブダイニング&ギャラリー

    家族のように食卓を囲むことで、クリエティブのかけらが生まれる場に。

    舞台芸術のグラフィックを多く手掛けるデザイン事務所、株式会社一八八が運営するギャラリーが、「188クリエイティブダイニング&ギャラリー」として昨年6月にリニューアル。かつてスナックなどが入っていた自社ビル1階のテナントスペースを改装し、訪れた人みんなが家族のように食卓を囲み、おいしいものを食べながら...

    続きを読む »
  • 外観

    和紙のお仕立荘

    和紙の可能性を発見し、開花させる場所に。

    聖徳太子が建立したと伝えられ、国内外から多くの参拝客が訪れる四天王寺。そのお膝元で70年近く、全国の和紙を扱い、“和の精神”が宿る和紙の魅力を伝え続けてきたのが株式会社オオウエだ。同社の新たな試みとして昨年末にオープンした<和紙のお仕立荘>は、和紙雑貨の企画から開発、制作、販売までを行うショップ兼ア...

    続きを読む »
  • 展示風景

    ARTS & TEXTILES

    まとい、装い、身に着けて楽しむアート。

    ギャラリー&プロダクトレーベルondoが、テキスタイルブランドのプロデュースに乗り出した。これまでにondoで企画展を行うなどして密な関係性を築いてきた9組のアーティストがオリジナルの絵柄を作成し、スカーフ、タイツ、ブローチという3アイテムに展開。中心となったのは、ondoギャラリーを運営するG_GRAPHICS INC.唯...

    続きを読む »
  • 「SPinniNG MiLL」外観

    SPinniNG MiLL

    100年以上の時を経て再生された“人を呼ぶ”建物

    かつて紡績工場だったその建物があるのは紀州街道沿い―大和川を渡って堺市に入ったすぐのところだ。生まれは明治の後期。石造りのレトロな外観が100年以上という長い時間を思わせる。第二次世界大戦中には軍事施設として使われていたこともあり、明治、大正、昭和、平成と移り往く時の流れを受け入れ、昔の姿のまま静か...

    続きを読む »